はなちゃんのみそ汁 番外篇

亡き妻のブログ「早寝早起き玄米生活」アーカイブから

                                               仕事の依頼・問い合わせ                                      

生き方を変え、考えを変え、運命を変えていく

1日1クリックでブログランキングに反映されます。
下のボタンをポチッとね。
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


いつも応援、ありがとうございます。

灰がたまったストーブでは薪は燃えない

千恵は誤解を受けていた。

現代医療を否定している、とネット上で叩かれていた。

おそらく「24時間テレビ」のドラマを見た人たちがそう感じたのだろうが、

あの番組はフィクションだ。最後、そのようにテロップでも説明されている。

千恵は決して、現代医療を否定はしていない。

治療の苦しさから、抗がん剤を一時拒否したことはあるが、

それは多くのがん患者にも共通すること。

主治医とじっくり話し合って、葛藤を抱えながら、涙を流しながら、

最終的には抗がん剤を受け入れた。

 

マクロビオティックも勉強していた。

そこに突っ込みを入れたがる人たちもいる。

千恵はマクロビオティックで、がんが治るなんて考えてもなかったし、言ったこともない。

もし、すべてのがん患者がマクロビオティックで治るのだったら、

がんの問題は、とうの昔に解決している。

※他の病気の場合、食事によって回復に向かう例はいくつもある。

マクロビオティックや玄米和食などの食事療法は、がんを縮小させるための直接的な治療ではなく、治療環境を整えるための手段と捉えていた。

ひとつだけ例をあげるとすれば、

便秘気味だったので、それを改善する生活習慣の一部でもあった。

抗がん剤やホルモン療法の治療効果を上げるためには、

体温を上げ、血圧を整える必要がある。

灰がたまったストーブでは薪は燃えない。

しっかり食べて、しっかり出した。

副交感神経優位の状態を保つため、食だけでなく、心の持ちようも大切にした。

がんの克服を目指し、生きていくための基本を忘れないよう心がけていた。

f:id:hanamiso:20220324080221j:plain

さまざまな治療を試み、肺に転移したがんが消滅(2004年12月)

f:id:hanamiso:20220324080501j:plain

大学で音楽の非常勤講師として働き始めた(2005年4月)

一度は消えた転移がん。正直、奇跡と思った。

2006年12月17日の千恵のブログ「免疫療法に関して」では、代替療法のことばかり書かれているが、実際はホルモン治療も併用した(肺に転移したがんが消えた後、医師の助言に従わず、ホルモン治療を休んだ時期がある。20代後半〜30代前半という若年齢でのホルモン治療による副作用で心を病み、苦しんでいた)。千恵の場合、どれか一つでも欠けていたら、うまくいってなかったかもしれない。

根拠はないが、ずっと身近にいたひとりとして、そんな気がする。

何よりも大切なのは予防と検査。そして、早期発見と、まずは標準治療だと思う。

 

免疫療法に関して

私はこのブログを通して、がんの患者さんはもちろん、がんではない人にもわかるような食事療法や免疫療法を紹介していく予定だ。

でも、注意してほしいことが、ひとつだけある。

これは、一患者の体験記であるということ。
私は医療者ではない。今後、科学的に私のやっていることが証明されるわけでもない。

西洋医学を否定するつもりも毛頭ないし、免疫療法の良さは十分理解しているけれど、それを人に強要はしない。いや、できないのだ。
なぜなら、がんという病気は、人それぞれに全く違うものだからだ。
がんが出来た部位が異なれば、がんの種類も、悪性度も、治療方法も、全く違う。


要は、私に効いたからといって、全てのがん患者さんに効くわけではない、ということだ。


私の噂を聞いて、今までにも数多くのがん患者さんから、「一体どんな治療をしているんですか?」「どんな免疫療法をしているんですか?」と質問を受けてきた。
もちろん、その時々で、実行していることをきちんとお伝えしてきた。
でも、全部の人が理解してくれたわけではなかった。


中には、露骨に「そんなもので、がんが治るの?」という人もいたし、きょとんとした顔で、「そんなので治るわけがない」ということを言う人もいた。

私には確かに、今続けている食事療法、温熱療法、気功、音楽療法、半分マクロビオティック生活が効いている。
確実に解放されていく痛みと、良くなっていく体調を実感しながら、そう思っている。
だから、今後も続けていくし、他にも合う方法があればどんどん試していくつもりだ。

 

マクロビオティックの久司道夫氏によれば、マクロビオティックは、宇宙の陰陽の原則に従って、全ての病気と心を調整し、治す方向へと導くという。

ただし、それを本当に理解し、納得し、続けていかなければ、どんな方法であれ、効かない。

特にがんは、それまでの悪いものを全て排出してしまうのに7年はかかるとも言われる。人の弱みにつけこんで、がんの特効薬が世の中にははびこっている。

しかし、世界中どこを探しても、特効薬などないのだ。

 

今までの生き方の間違いで、人は病になる。

それならば、それまでの生き方を見直し、変えていかなければ。

自分の足で、自分に合う方法を探し、実行する。

生き方を変え、考えを変え、運命を変えていく。

それしか、病気を克服する手段はないと思う。