はなちゃんのみそ汁 番外篇

亡き妻のブログ「早寝早起き玄米生活」アーカイブから

                                        講演・上映会・料理教室・音楽イベントなどの問い合わせ

コロナ禍に「感謝の鐘」

昨日で104回目

コロナ禍の早期終息を願いつつ始めた活動「感謝の鐘」は、5月13日で104回目になりました。この日も、小雨が降る中、10人の市民が大名町教会(福岡市中央区)の前に集いました。

感染リスクにさらされながら働く医療従事者、エッセンシャルワーカーの人たちに感謝を届けたいという思いから、有志で始めた取り組みです。

毎週金曜日午後2時に教会前で、アンジェラスの鐘を鳴らしながら約5分間の拍手。

誰でも参加できます。

「感謝の鐘」に参加する市民(2022年5月13日)

2020年5月15日にスタートした活動も、間もなく2年。

賛同の輪が広がり、今は福岡市内の寺も鐘を鳴らしてくれています。

宗教を超えて、つながることができました。

バスの中からも手を振ってくれます。心を寄せていただき、感謝しかありません

自分の言葉や行動が差別や偏見に繋がってないか。悪意がない言動が人権侵害につながることもあります。ワクチン接種が進む中、接種を受けてない人に対する差別や偏見も生まれています。こうした社会を分断する動きにも、私たちの一致と連帯が力になることを願っています。

もっと、もっと、人にやさしい世の中になりますように

発案者の吉田夫妻(両端)と深堀さん

毎週金曜日午後2時、大名町カトリック教会の前。皆様の参加をお待ちしています。

ウクライナの人々にも心を寄せて

いい日でありますように。

 

※本日、千恵のブログ紹介はお休みします。
 

絵本「はなちゃんのみそ汁」(講談社)の重版(16刷)が決まりました。
ありがとうございます。