はなちゃんのみそ汁 番外篇

亡き妻のブログ「早寝早起き玄米生活」アーカイブから

                                               仕事の依頼・問い合わせ                                      

はなとねすたと時々ぱぱ

ボンゴレを独り占め ブログ名を今日の記事タイトルに変更しようかって思うほど、娘の彼氏が頻繁に登場するこの頃。はなとねすたは楽しそうだし、読者の皆さんも好意的に受け止めてくださっているようなので、このペースで続けていくことにした。 昨夜は3人で…

父、娘の説教に反論できず

噛むことは生きること 深夜、吐き気を伴う腹痛で、トイレに駆け込んだ。 トイレから出て、床に横たわっていると、物音に気づいた娘が起きてきた。 娘は心配そうな表情で僕を見つめた。 「最近、ちょっと多いんじゃない」 実は、今年で4回目だった。 そのうち…

亡き妻直伝の勝負メシ

最終面接の朝の食卓 娘の就職活動が大一番を迎えた。 きょうは、意中の会社の最終面接。 厳しい競争率の中、よくぞ、ここまで頑張った。 前日、部屋にこもって面接のシミュレーションを繰り返していた娘。 いつになく緊張しているみたいだが、これさえ食っと…

亡き妻が娘に遺した言い伝え

一粒の米の中には七人の神様がいる 久しぶりに、和風だしのパエリアを作った。 娘の彼氏、ねすたがたくさん食べてくれた。 パエリアを食べたのは、人生で初めてだったらしい。 作り手として、これほど、うれしいことはない。 食事中、娘がパエリアを皿に盛り…

パパが喜ぶ味を熟知している娘

夜更けに食べた娘の手料理 「今夜、ちょっと帰宅が遅くなるけど、起きててね。パパに食べさせたいものがあるから」 ハイボールを飲むと、すぐに眠くなる。 だが、娘に「起きてて」と言われれば、待つしかない。 何を食べさせてくれるのだろうか。 眠い目をこ…

娘の彼氏が亡き妻にしてくれたこと

感謝の牛タン 「母の日」の12日、大量の牛タンを買いに、車で郊外の大型スーパーに出かけた。 帰宅し、夕食の準備をしていると、娘がニコニコしながら近づいてきた。 僕が外出している際、娘の彼氏、ねすたがこんなことを言ったそうだ。 「きょうは『母の日…

寝坊した朝はお手軽バーガー

調理時間は5分 寝坊してしまった。 ご飯を炊いてない。 みそ汁の具材も切れている。 娘は早出のアルバイト。 今からじゃ、間に合わない。 そんなとき、バーガー用のバンズがあれば何とかなる。 娘の弁当用に冷凍していたフライドチキンをレンジでチン。 ソー…

食べても食べても腹が減っていた頃

10人分のカレー完食 久しぶりに大量のカレーを作った。 約10人分。 自分で言うのもなんだが、おかわりするほどうまかった。 娘と娘の彼氏ねすたも、カレーの出来をほめてくれた。 ねすたは3杯食べてくれた。 その翌日の朝食メニュー。 娘たちは、また、カレ…

遠慮を知らない娘の彼氏

決定的瞬間の画像入手 最近、缶ビールの減りが早い。 冷やしておいたビールを飲もうと思ったら冷蔵庫にない。 補充する。 飲んでないのに減っていく。 その繰り返し。 見当はついていたが、何も言わなかった。 先日、夕食と入浴を済ませ、寝室でYouTubeを見…

連休中にどうしてもやりたかったこと

意地でも楽しむ ゴールデンウィークが終わった。 旅行など外出の予定は何も入れず、成り行きまかせで過ごした。 ただ一つ、自宅でやりたいことがあった。 バルコニーでのバーベキューだ。去年の今頃は、3日に一度ぐらいのペースでやっていたのに、しばらく遠…

娘の彼氏が大絶賛のパパめし

炙りホタテの大葉カルパッチョ風 最近作った料理の中では、群を抜いて評判がよかった。 娘いわく「お店の料理みたい」。 炙(あぶ)りホタテの大葉カルパッチョ風。 友人知人の家に出向いて作ってあげたくなるほど。娘の彼氏、ねすたも「たまんないです。こ…

彼氏のつぶやきに娘が涙

博多どんたくの夜 遠くから、にぎやかな音楽とアナウンスが聞こえてきた。窓の外に目を向けると、花自動車が走っていた。「博多どんたく港まつり」が始まった。 娘と彼氏のねすたに声をかけ、一緒に外を見た。 「きょう、ねすたと博多どんたくに行くんだけど…

会社を辞めてウクレレにはまる

“悪魔”のささやき 会社を早期退職したことを機に、わが家で始めたウクレレ講座。 もうすぐ2年になる。昨日は、ウクレレ講師の児玉さんを含む4人が集まった。 1人は妻をがんで亡くしたシングルファーザー。このほど、彼もめでたく大手の家電メーカーを早期退…

仕事が楽しくなる「アーロンチェア」

腰痛からの脱却 執筆や映像編集の仕事をやっている関係で、デスクワークの時間が長くなる。 これまでは、ダイニングテーブルの椅子をパソコンの前に移動させて使っていたため、作業を終えると腰が凝り固まってしまい、歩くことさえ困難になることが多かった…

はなちゃんの絵本、中国で出版

小花的味噌湯 料理を作る喜びを子どもたちに体感してほしい。 9年前、そんな思いから製作した絵本「はなちゃんのみそ汁」(講談社)。 このほど、中国語版が完成し、わが家に届いた。 近く、中国の書店に本が並ぶ。 タイトルは「小花的味噌湯」。 漢字で書く…