はなちゃんのみそ汁 番外篇

亡き妻のブログ「早寝早起き玄米生活」アーカイブから

                                               仕事の依頼・問い合わせ                                      

娘の好きな牛タンを買うためにコストコ会員になる

◯◯祭りは楽しい 久しぶりにコストコホールセールの会員になった。 目的はただひとつ。 娘の好きな牛タンを買うためだ。 コストコの牛タンは、分厚くてうまい。 ついでに、バーベキュー用のグリルも新調。 テーブルとランタンもついてくるセットにした。 思い…

男3人で過ごしたクリスマスイブ

手料理で恩返し ひとりぼっちのクリスマスイブ。 それを知った男友達が「寂しかろう」と来てくれた。 セイジとヨウイチ。 2人とも苦労人。 髪の毛が少ない。 セイジは、高校の同級生。 千恵と付き合う前、「お前が、そげん好いとーとなら、告白に行こうぜ」…

忙しい年末の救世主おでん

晩酌のお供にも 年末はあわただしい。 カレンダーは連夜の忘年会。 娘も何かと忙しく、食事もおろそかになりがちだ。 そんなときの救世主。 おでんの作り置きがあれば、なんとかなる。 夕食の主菜、朝ごはんの「あと一品」、晩酌のお供に大活躍。 大量に作っ…

何にもしたくない夜

もうすぐクリスマス 娘は友人と外食。 娘の彼氏は、昼までわが家で寝ていたが、遅い朝食を食って帰った。 1人じゃ料理も作りたくない。 お土産にもらった笹蒲鉾をつまみに濃いめのハイボールを飲んで。 締めはカップ焼きそば。 晩ご飯を食い終わったが、まだ…

娘の彼氏と屋台で語り合った夜

亡き妻も好きだった味府の餃子 福岡三越(福岡市中央区天神)の前にある屋台「味府」に娘の彼氏、ねすたを連れて行った。名物の餃子に牛タン、締めはラーメン。娘と3人で天神の屋台を満喫した。 ねすたと屋台で語り合いたかった。 亡き妻千恵も味府の常連客…

娘に大切な出会いと気づきを与えてくれた鉄板焼きの店

屋台のような雰囲気 親子で行きつけの鉄板焼きの店がある。 「広島お好み焼き」が一番人気の店「童童(ワラべ)」。店主の遠藤祐司さんの人懐っこい笑顔と彼が作る鉄板焼き料理のファンは多く、店内はいつも満席だ。 先日、そのワラべで、娘が大学の友人と一…

泣かずに語る自信はありません

食べることは生きること 今年最後の講演は、佐賀市の「龍谷こども園」です。ここには、漫画「はなちゃんのみそ汁」のイラストを描いてくれている加島綾乃さん(がっちゃん)の娘さんが通っています。そのご縁で、今回、声をかけていただきました。がん闘病中…

出張から戻った翌日の朝ごはん

リセット 出張から戻った翌日の朝ごはん。 疲れた心と体が喜ぶ朝ごはん。 根菜たっぷりの豚汁と大根おろしと辛子明太子。ご飯は玄米の七分つき ふくや ホットエンペラー(230g) 辛皇 明太子 激辛 ゲキカラ 味の明太子ふくや Amazon 昆布漬 辛子明太子(無着…

食育講師だってジャンクフードが食べたくなる

反動 福島県郡山市での講演翌日、羽田空港で一人打ち上げ。ハイボールを飲んでいると、無性にビッグマックが食いたくなってきた。 昨日は、みそ汁など和食の大切さを力説。正しい(と思っている)話をすると疲れてしまう。先生なんて呼ばれると、「ごめんな…

博多の朝ごはんに欠かせないもの

辛子明太子の誘惑 血圧が上がっても構わない。 あつあつご飯にのっけて食べる。 ぜいたくな朝ごはん。 ビジュアル最高 まだ、いっぱいあるよ〜 よかろ〜 昆布漬 辛子明太子(無着色) 博多明太子|400g(明太子350g・昆布50g)【九州絶品グルメ】 筑前福岡 …

大切な人への土産品はこれ一択

わが家の歴史が詰まっている きょうは、郡山市の小児科医、菊池信太郎先生に会いに行く。 お土産は、これ一択。 7月に仕込んだ自家製みそ。 僕たち家族の歴史が詰まっている。 わが家のみそ。ラベルのイラストは漫画家の魚戸おさむさん 大豆のうまみ、麹の甘…

娘の彼氏は遠慮というものを知らないらしい

近所に大阪王将がある幸せ 青森県十和田市での講演を終え、福岡に戻った。 飛行機を乗り継ぎ、北から南。 さすがに疲れた。 時刻は22時。 腹ペコだったので、 自宅近くの大阪王将で晩ご飯を食べることにした。 くーーーーーーっ!! 天津炒飯と餃子を注文 近…

東北のかっこいい大人たち

十和田市での講演前夜 約50年ぶりの青森県十和田市に到着。 その夜、十和田のソウルフード「バラ焼き」で有名な大衆食堂「司」で懇親会があった。 ここで、主催の十和田市「弁当の日」応援団の皆さんと初対面した。 料理とメッセージにハートを撃ち抜かれた…

娘の彼氏、自炊男子まっしぐら

ねすたの肉じゃが 熊本に出張中、娘から料理の画像が送られてきた。 娘の彼氏、ねすたが晩ご飯を作ってくれたというのだ。テスト期間中で睡眠不足の娘に「はなちゃん、休んでて」と言って。 メニューは肉じゃがと卵かけご飯。 「うれしかった」と娘。 器は波…

森の中で映画を見て語り合う

食育イベントは農業に似ている 森の中の木工房で、ドキュメンタリー映画「弁当の日 めんどくさいは幸せへの近道」の上映会があった。 主催は、福津市津屋崎でまちづくりに取り組む仲間たち。自主上映会の開催を予定している人、興味を持つ人を対象にした企画…

“給食の母”から届いた大地の恵み

寒い夜はポトフで温まる 今年も、あの人からジャガイモと玉ねぎが送られてきた。 あの人とは、北海道置戸町の佐々木十美さん。十美さんは“給食の母”として知られる管理栄養士。彼女の生き方と「日本一」と評判の給食は、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェ…

替え玉は俺の青春だった

元祖長浜屋 「元祖ラーメン長浜家(ながはまけ)」ではなく「元祖長浜屋(ながはまや)」に足が向く。予備校生(水城学園)時代から、慣れ親しんだ味だから。 麺はカタ。ゴマ多め。 若いころは、替え玉2回は当たり前だった。 元祖長浜屋のラーメン 同じテー…

彼氏の母親から届いた玄米をぬかまで無駄なく使い切る

考える時間も人生の一部 娘の彼氏、ねすたの母親から届いた会津産の新米。 それは、ありがたいことに玄米だった。 経緯はこちら↓ hanamisosoup.com コメは生鮮食品だ。 当然ながら、精米済みのコメは長期保存しておくと酸化する。 玄米ならば、その都度、精…

山の奥にある小さなカフェ

誰にでも寛容な場所 由布市湯布院町の温泉旅館「蔓蕩蒼(まとうそう)」をチェックアウトし、人気カフェなどが並ぶ「湯の坪街道」に車で向かう途中だった。 助手席の娘がつぶやいた。 「やっぱり、あそこがいいや」 「あそこって?」 「小学生のころ、パパが…

バーベキューの準備中、パパの大失態

娘にLINEを送ったつもりが・・・ 大失態からスタートしたバーベキューだった。 3日夜、常福寺(北九州市若松区)の住職、堀田顕英さんからLINEが届いた。 堀田さんは、ひと回り年下の友人。僕が4年前に始めたウェイクボードの師匠でもある。 LINEは、家族で…

娘は彼氏に尽くすタイプ

カルボナーラとカップ焼きそば 昨夜、3週連続の下関市での仕事を終え、自宅に戻ると、娘が夕食を作っていた。 献立は、カルボナーラ。娘の得意料理だ。 昼食が遅かったため、娘には事前に「いらんよ」と伝えていた。 当然、パパのカルボナーラはない。 うま…

あるもので作る“大学生のお弁当”

残り野菜で、なんとかなる 娘の彼氏のねすたは東京都墨田区育ちの下町っ子。 得意料理は、もんじゃ焼き。 もんじゃの具材は、なんでもいい。 冷蔵庫の中の使いかけの野菜や豚肉、少しの小麦粉と調味料があれば、なんとかなる。 あるもので作る。 できたもの…

わが家の「みそ開き」に娘の彼氏が初参加

「はなちゃんのみそ」2023年版完成 今朝のみそ汁はレンコンたっぷり。 柚子胡椒を入れていただいた。 最高。汗がじわっと出た(2023年11月1日) さて。 11月1日は、毎年恒例の「みそ開き」。 7月末に仕込んで約3カ月。ばっちり発酵しているはず。 ふたを取る…

ダンスの夜、3人で打ち上げ

特大ハンバーガーにかぶりつく 娘が出演したダンス発表会の会場には、彼氏のねすたも駆けつけた。 大学のレポート提出の締め切りに追われていたが、娘の出番にぎりぎり間に合った。 hanamisosoup.com その夜、娘の発案で、3人でご飯を食べよう、ということに…

「食う寝る出す」は人生の三大要素

大切なことはユーモアを交えて 闘病中の妻のモットーは「大切なことはユーモアを交えて伝える」ことだった。 亡くなる91歳まで若さを保ち、自身の栄養学を実証した川島四郎先生の名著「食べ物さん、ありがとう」(朝日文庫)。妻は、この本からその極意を学…

娘がパパに作ってくれた今日の弁当

手際よく10分で完成 朝、娘は忙しい。 大学生は身支度に時間がかかる。 化粧と髪のセットで40分。 でも、自分の弁当作りに要する時間は10分。 幼いころから、ママが台所に立たせてくれたおかげやね。 今日は、パパの弁当も作ってくれた。 おいしかった。 ラ…

お手本は父母の生き方

行き着くところは「身土不二」 10月26日は母の誕生日。 仕事を後回しにして、福岡県宮若市の実家に帰った。 夜、祝いの料理を食卓に並べて、ノンアルコールビールで乾杯した。 母は84歳になった。 持病なし。血圧安定。よくしゃべり、よく笑う。 父は89歳。 …

彼氏の母親から驚きの贈り物

会津の玄米30キロ びっくりした。 東京から宅配便でコメが30キロも届いたのだ。 娘の彼氏ねすたの母親からだった。 ねすたを通じて、LINEで母親からのメッセージも送られてきた。 どうやら最近、わが子が交際をしていることを知ったらしい。 ねすた(左)と…

失敗から学べるもの

母校の非常勤講師に 引き受けてよかった。 下関から福岡への帰り道。 車を運転しながら、そう思った。 あれは今年の春だった。 出身大学の下関市立大の後輩で、今は同大学で准教授を務める上野惠美さんから非常勤講師の打診があった。 科目は「キャリアデザ…

娘たちにすっぽかされたバーベキューの翌日

頑張っている2人に文句は言えない 娘と彼氏のねすたをバーベキューに誘った。 約束の時間は16時。 結局、2人が現れたのは片付けが終わった3時間後だった。 ↓この日、2人は約束の時間に来なかった。 ameblo.jp 肉が大量に余ったので、その翌日、もう一度、娘…